『大島てるが案内人 事故物件めぐりをしてきました』を読んだよ!


「大島てる」という固有名詞に轢かれて読むと肩すかしを食うかもしれない。
なぜか?「大島てる」から連想されるような、”面白事故物件”やそれにまつわるエピソードがメインに据えられているわけではないからだ。
本書に書かれているのは、ひょんなことから大島てる氏と知り合い、事故物件に興味を持った著者が
「そもそも事故物件とはなんなのか?」を独自視点で綴ったルポタージュだ。

もちろん”事故物件”という言葉から期待されるような話ーー糞尿とゴキブリに塗れた状態でぶっ倒れて亡くなった生活保護受給者のエピソードや
事故物件入居者の奇妙な日常のレポートーーーもある。しかし、本書の醍醐味は著者の”ごく普通の視点”での解説だ。
事故物件に住んでみたら、死体があった場所が気になって仕方がないのではないか?不可思議な現象が起こったりしないだろうか?
霊の存在を感じたりするだろうか?孤独死の現場に立ち会ったらどんな気持ちになるだろうか?事故物件に関わる業者は、どのように物件と向き合っているのだろうか?

奇をてらわない普通の感覚での取材は、読み手との一体感を生む。(著者の菅野さんは友人なので、尚更なのだが・・・)
菅野さんの著作は、感覚や目線が冷静かつ普通なので、どれもこれも軽く読めて楽しい。オススメ。

『怪奇(グロテスク)』とレインボー祐太氏


IMG_3349
『怪奇(グロテスク)』は2015年秋の文学フリマで販売されていたレインボー祐太氏と川勝徳重氏の合同同人誌だ。現在は、新宿ビデオマーケットさんで店頭販売のみされており、非常に手に入れにくい同人誌なのだが、これが素晴らしい。

貸本の雰囲気を再現した残酷絵物語「河童眼球譚」、孤高の脱力ホラー監督ジェリー・ウォーレン分析、サイドショー(見世物小屋)の文化解説等々、異様な世界が紙上で繰り広げられる。
ジェリー・ウォーレンの映画は本気で退屈である。その作品を12本も見続け、監督としての成長について語るなどという行為は、気が狂っているとしか思えない。正直言ってしまうと、ジェリー・ウォーレンの最高傑作といわれている「FRANKENSTEN’S ISLAND」でさえ、俺は辛くて最後まで見ることが出来ない。そんな監督の作品群をレインボー祐太氏はノリの良い文体で面白可笑しく語る。
サイドショー文化解説は、インチキで満たされた米国見世物小屋文化を語り、後述する「サイドショー映画の世界」では語られなかった、見世物小屋への熱い思いを吐き出す。
共著者である川勝徳重氏は漫画をメインに執筆されているが、レインボー祐太氏と感覚が似ているのか非常に相性良い。同氏の牧口雄二論も読み応えたっぷりだ。またストーリーを祐太氏が、絵を川勝氏が担当した「怪奇のっぺら寄席」の狂った雰囲気は最高である。

とにかくオススメなので、是非機会があれば手にとって欲しい。
ビデオマーケットさんでは、映像ソフトと合わせてであれば通販でも販売しているようなので、トラッシュ映画とセットで購入して欲しい。

レインボー祐太氏は、とにかく最高なライターなのでもっと知られるべき存在だ。そこで、ここではさらに彼とそのほかの書籍についても紹介したい。

レビューサイトやレビュー本の多くはトラッシュ映画について「これは類い稀なクソ映画だ!」という切り口で語られている。俺もその例に漏れず、”あんまりな”映画に出会ってしまったときは「ああ、なんたるゴミ!すばらしいゴミ!」と大喜びで駄文を書いてしまうことがある。
トラッシュ映画の魅力がそのクソさ加減にあることは間違いないし、それを満面の笑みで語る紹介文を読んだり書いたりするのは非常に楽しい。
しかし、世の中には、腐臭漂うトラッシュ映画が持つ独特の魅力に並々ならぬ愛を注ぎ、多くの時間をその研究に費やす「普通ではない」希有な人間がいる。それがレインボー祐太氏だ。

レインボー祐太氏は、俺と共にトラッシュカルチャー雑誌「TRASH-UP!!」で映画レビュー連載を持っている。俺が未公開ホラー映画担当、彼は脱力ホラー映画担当だ。
彼との出会いは、新宿ビデオマーケットのレジ横に置いてあった「脱力ホラー映画の世界」という同人誌を手にしたことがきっかけである。
”脱力するほどのくだらない”ホラー映画レビューを100本乱れ打ちする命知らずな本。単なるB級ホラーをあえて無視し、本気でくだらない映画を100本選ぶその選択眼、やたらと味がある挿絵に感動した俺は「この人は凄いかもしれん」と連絡を取るに至ったのである。

IMG_3350
↑これは復刻版。初版は彼が自宅でコピーして製本したものとなっている。

その類い稀なセンスは、かの山崎圭司氏の目にとまり別冊映画秘宝「悪趣味ビデオ学」の第二弾「悪趣味ビデオ学の逆襲」い寄稿するほどとなる。
しかし、彼の知名度はあまり高くない。「脱力ホラー映画の世界」に続いて出版した「サイドショー映画の世界」も”見世物小屋映画”と”見世物小屋”そのものを詳細に解説した他に類を見ない本であるのに、ほとんど知られていない。見世物小屋興行師の情報が詳細に書かれた本などどこにあろうか?絶対に読まれるべき本なのだ。

IMG_3351
↑こちらは「サイドショー映画の世界」 祐太氏曰く”自殺したくなるくらい売れなかった”とのこと。しかし、800円払う価値は間違いなくある。

この2冊の前に「三流怪奇・見世物 創刊号」があるのだが、残念ながら俺は所有していない。是非、手に入れたいものである。

残念なレビューとやらを書いてみた


というツイートを見かけたので、「チャッピー」をネタに残念なレビューを書いてみました。ニール・ブロムカンプ作品を全て見ていることが前提。所要時間10分。624字。

ニール・ブロムカンプには正直飽きてきた。何を撮っても同じだ。驚くほど精密で現実と区別が付かない高度なCG技術で貧困層が裕福層に勝負を挑むストーリーラインは、いい加減お腹いっぱいである。
「第9地区」がベストな構成であったため、いくら解体・再構築してもそれ以上のものは作れない。コロニー住まいのリッチなクソ野郎や未来のブラック企業との対決を描いた「エリジウム」もつまらない作品ではなかったが、万能すぎる治療ポッドの存在や、いい加減な放射線への認識はファンタジー前提でも微妙なもの。しかも後半の対決シーンにおける悪役の味の薄さも気になるところ。じっくりと我慢したフラストレーションが解消されず、折角のポッド開放シーンのカタルシスが減退されてしまっている。
これは「チャッピー」も同じだ。上の「エリジウム」の感想は、そのままチャッピーに適用できないだろうか?治療ポッドをPS4、放射線を記憶のデータ化に置き換えると・・どうだろう?ちょっと無理があるか・・・。しかし、そのくらい既視感に満ちた映画である。
ちなみに別角度からの感想は「ダイ・アントワードの長編PV」である。ヨーランディの甲高い声やノイジーな楽曲は正直疲れるし、だらけ気味のチャッピーとの友情を深めるモンタージュには眠気すら感じる。チャッピーなんてCGの飾りモンみたいなもんだ。あ、そうだ。既視感で思い出したけど、ラストに登場する、某ロボットはビョークのPVに登場したものとそっくりなのでした。

さて、残念なレビューになったでしょうか?そこそこ的確なレビューになってるんじゃないかと思うのですが、どうでしょう?
単語レベルで文章批判すると、レビューの幅を狭めるだけで良いこと無いように感じたので、ちょっと書いてみました。
あ、タグも付けておきましたけど、俺の本心レビューではなくて、ただのネタですので・・・。といっても正直なところ「チャッピー」はそんなに楽しめませんでしたが・・・。

過剰歯を引っこ抜いたった


過剰歯、御存知でしょうか?その名の通り、余計な歯である。永久歯が整列して生えてくるのを邪魔したり、余計なところからずっぽり生えたりとクソ迷惑な野郎なのですが、俺もこの過剰歯が生えてたんですよ。

邪魔

見た目、小汚いので自粛してボケ気味に。

この歯が萌えてきたのは、18の時。最初は歯茎からちょっとだけ顔を出していただけなのに、かれこれ22年かけてここまで落ちてきた。
歯医者に聞いてみたら、ここまで時間をかけて伸びてくるのは珍しいらしい。

前歯の上からニョキっときていて、もう最高に邪魔。鬱陶しいので引っこ抜いてきました。

入れ物

可愛いケース付きで歯はお持ち帰り

歯

若干色が変わっている部分が埋没してたところ。これが唇のすぐ後ろに位置していたワケです。鬱陶しいでしょう?

殆ど露出していたため、5分程度で苦も無く抜歯完了。もちろん麻酔はしましたが、あまりにもアッサリ抜けたものだから拍子抜け。小さい時に抜いていれば、もうちょっと歯並びが良くなったはずなんだけどなあ。