ロボコップがあんまり大事じゃ無いロボコップ


Nf000 publicityframes nf1630040 v001 after 2kaxp vdf8 1060

ロボコップという映画は俺にとっちゃバカ映画のカテゴリに属している。バーホーベンの映画は大半が社会派気取りのバカ映画だが、その代表格といっても過言ではないだろう。大仰なテーマ曲にダサいピーター・ウェラーの悲壮顔、悪趣味でアホな悪役、階段すら上れないED-209の産廃っぷり、キチガイのオムニ社会長。どれを取ってもバカ映画そのもので、非常に楽しい作品だった。

で、今回のリメイク。バーホーベンが容赦なくすっ飛ばした「ロボットになってしまった主人公と家族の苦悩が云々という要素」があると聞いた時には「んなもん、ロビン・ウィリアムズとトム・ハンクスとゼメキスにやらせときゃいいだろうが、バカ!」と不安になったが、なんのなんの杞憂に終わった。

たしかに「クソ真面目に取り直したなあ」というのが第一印象。でも反芻してみると・・・

  • 冒頭の左翼が大喜びしそうなテヘランの自爆テロとED209による子供蜂の巣銃殺
  • 中国人が泣きながらロボコップを作っている
  • 精神状態が混沌している(悪に振れていない)マイケル・キートンの背後にフランシス・ベーコンの絵。これが後半、無機質な絵に掛け変わるという分かりやすさ。
  • ロボ化前に苦痛をアホほど味うオリジナルに対する、本作のロボ化後の精神的苦痛表現
  • オリジナルに反して、下世話な事件解決シーンを徹底省略
  • よって、ロボコップは単に私怨で動く近年おなじみのヒーロー像に
  • その結果、印象に残るのはマイケル・キートンとゲイリー・オールドマンの口論場面
  • それ以上に印象に残るやたら色気のあるゲーリー・オールドマンの助手
  • マーフィーの嫁の体がだらしない
  • ○ ○ ○ ○はやっぱりマザ○ ○ ○て言わないと気が済まないのか

最後の2つはともかく、これたぶん、天然でやってると思うんですよ。基本的には、悪にも善にもなりきれない人々、人間にも機械にもなりきれない主人公を真面目に描きたかったんだろうけど、その要素を生々しくやろうとしたら、やたら滑稽になってしまったという印象。僕はこう言う勢い余ってつんのめったような映画が大好きです。いや、よかったよかった。

MUSIC|Skull and Shark / Lazehawk



リバーブをバフンッと聞かせたバキバキのドラムマシーンの音にホワホワなシンセのコードがリズムを刻む80年代のアレな音でアルバムごとにコンセプトを変えてリリースしてきたLazehawk。2013年に発売された「SKull and Shark」は、タイトル通りの80年代風のレトロホラーサウンドスケープ。キャッチーなゴブリンといった風情で、なかなか楽しませてくれる。実は、一番売れてないアルバムらしいが・・・。


彼らのデビューアルバム、「Redline」はこんなベタな曲で埋め尽くされていた。

2014 5〜10th Week まとめ In Fear、Perfect House 他


インフル回復後、仕事がクソ忙しくて更新する暇がなかったですよ。それでもチマチマと作品を消化。

Almost Human

Cap00156

これは、Shox呪さんのエントリで「ほほう・・」と興味を引かれて見てみた。
アブダクションにあったオッサンが、ある日突然帰還。パキパキに逝った目をしながら、子種を巻こうと四苦八苦というパターンは、往年の迷作「XTRO」の系譜にある。しかし、こちらの方がよっぽどマトモな映画。でも「XTRO」より金かかってないんじゃないかなあ。

In Fear

Cap00158

見知らぬ土地でホテルを探しに迷い込んだ森から出られなくなる男と女の話。この男女が全然仲良くないってのがポイント。赤の他人なのですごーく互いにエゴイスティックで殺伐としている。そして「どーせ、実は死んでました!」という”いつものアレ”かと思いきや、胸糞悪い劇薬系映画だった。オチが確定したところで、”どうしても出られない森”の不条理感が吹き飛んでしまい、残るのは気分悪さだけ。秀作。

マチェーテ・キルズ

Cap00161

マチェーテ無双->マチェーテヤバい->ギャグタイム->お色気タイムを平坦に繰り返す前作の弱点がそのまま残ったマチェーテの続編。だが、妙な輩がツッコミを入れて悦に浸る隙間だった差別ネタがほぼ姿を消してことによりスッキリしている。メル・ギブソンのキチガイタイムが激アツ。

The Returned

Cap00162

ゾンビアウトブレイク以後、薬でゾンビ化を抑えることが可能になった世界のお話。血液感染しかしないのだが、扱い自体は完全にHIV。一日一回は薬を摂取しないとゾンビ化してしまうため感染者は報告を義務づけられるのだが、何故か薬が不足。薬が不足すると何が起こるかって、そりゃ盛大にゾンビワールドが炸裂する危険性・・。そんなわけで、感染者は隔離だ!いや、それよかぶっ殺せ!的な、みんな大好きディストピアワールドが繰り広げられるのであります。

Perfect House

Cap00155

「サマーキャンプ・インフェルノ」でお馴染み、フェリッサ・”アンジェラ”・ローズがチラっと出演しているだけしか取り柄の無いホラーオムニバス。ある売り出し中の家で行われた様々な惨劇を4つのオムニバス形式として綴る。さほど面白いのだが、地下室に監禁した男が”まぶた”を切り取られてヒーヒーいうのだけは印象に残った。