単純に”どれだけ気遣いができるか?”の話を何故、世界規模でやろうとするのか

 Cap00008

だから日本人男性は世界で一番モテない。海外生活で気付かされた、他の国の男性と比べて絶対的に日本人男性に欠けてる10のポイント

という、主語がでかくて非常に頭の悪そうなタイトルがホッテントリに顔を出していたので読んでみた。で、やっぱり頭悪い・・・といか、育ちがよくないんだろうなぁと思った。殆ど釣り臭いので、直リンしません。見たい人は検索でもしてください。

で、このエントリで一応列挙されたその10のポイントを上げてみると

  1. 重いモノを持ってあげる。ドアを開けて先に女の子を先に通してあげる (全世界共通)
  2. 道路を歩くときは常に車道側を男が歩く (韓国人)
  3. スウィートな甘い言葉をかける (韓国人)
  4. 屋外で座るときは、自分の服を敷物代わりにして女の子を座らせてあげる (韓国人)
  5. レストランに行ったら、料理を取り分けてあげる (台湾人&韓国人)
  6. 女の子のために料理を作ってあげる (台湾人)
  7. いつ恋に落ちてもいいように、いつもお洒落をする (フランス人)
  8. たとえ女の子にからかわれようが、ジェントルマンであり続ける (フランス人)
  9. バレンタインは女の子のために花束を送る (日本人と韓国人以外の習慣)
  10. プロポーズの言葉は「ぼくが一生君のために尽くす(だから結婚して下さい)」 (台湾人)
  11. まとめ エスコートとは女性のために何をしてあげられるかを考え続けること

10のポイントとか言っておきながら”まとめ”にも連番振っちゃって、11番目まであるのがお茶目ですね。それからポイントの後ろに国名が入っていますけど、コレは、この1年間でオーストラリアに5ヶ月間住み続けていて、去年はフィリピンに3ヶ月間英語留学していた27歳の筆者(残りの4ヶ月は寝てたんでしょうか?)のお友達の国籍らしいです。ここで国籍を出す意味がワカランですけど・・・。

さらにこの筆者は

ぼくら日本人男性は全然レディーに対する気遣いができてないからです。

とか超巨大主語で囲っちゃうもんだから、俺も取り込まれちゃった感で「こいつバカじゃねぇの?」とイラッ★としたわけですよ。というわけで、今日はちょっと暇だし、一個ずつ見ていきましょう。

重いモノを持ってあげる。ドアを開けて先に女の子を先に通してあげる(全世界共通)

のっけから1項目に2つ上げているうえ、(全世界共通)には日本は入っていないのか?と本筋じゃない部分にツッコミたいところですが・・。
まず荷物ね。これ、赤の他人ならちょっとアレだけど、困ってたら助けるでしょ。
ドアは、まぁ、相手に寄るけど、何かのついでだったらやるよね。相方だったら絶対にやる。
俺は誰に教えられたわけでも無く、”そういうもん”としてやってる。

道路を歩くときは常に車道側を男が歩く(韓国人)

これは、10代の時に女友達に言われてから、「はあ、なるほどねぇ」と思い、それから習慣になっている。
ただ、ウチの嫁は「そういう気遣いは鬱陶しいからやめろ」と言うので、嫁に対してはやってないけど。
あとね、韓国人の女性に対する差別感ってのは・・いや、やめとこ・・・。

スウィートな甘い言葉をかける(韓国人)

「キミのことを考えていたら眠れなかったよ」は今更言えないけど、若い時は言うもんですよ。
え?いわない?・・そうですかそうですか
あと元エントリは”これを言ったら「アタシ、吐いちゃう (I will vumit)」と言われるかもしれません。”
って書いてあるけど・・おう、vomit・・・。
っていうか、”Yuck!” とかじゃね?どうでもいいけどさ。bring upとかただupとか。せめてI’llで始めるだろうね。I will とか言っちゃうと「アタシ、吐いちゃう!」というより「私、ゲロ吐いちゃう!っていうか吐く、絶対に!」みたいに頑な塩梅になるよね。英語、もっと勉強しようね。

屋外で座るときは、自分の服を敷物代わりにして女の子を座らせてあげる(韓国人)

そもそも、んなことしてる外国人、あんまり見ないけど・・・。いるんですか?
韓流ドラマの見すぎじゃ無いんですか?

レストランに行ったら、料理を取り分けてあげる(台湾人・韓国人)

これは場合によるけど、ここで(台湾人・韓国人)と記載されているのを見ると、大皿料理な国だからじゃね?ほれ、家長が鶏肉取り分ける的な。まぁ、取れるヤツが取る。ちなみにウチの嫁は焼肉を取り分けられると怒り出します。

女の子のために料理を作ってあげる(台湾人)

彼女ができたら、飯作ってあげたりしない?一人暮らししてたら、家に人を呼んで飯食わせたりしない?
えー、しないの?つまんない人生だね。

いつ恋に落ちてもいいように、いつもオシャレをする(フランス人)

パコりたきゃ、洒落とけ。そんだけの話。
外国人どうのこうの関係ない。

たとえ女の子にからかわれようが、ジェントルマンであり続ける(フランス人)

これだけは意味ワカラン。馬鹿にされたら普通に言い返した方が良いと思うけど。
ジョークが分かるのとナメられてるのは違うとおもうぞ。
それから、この言葉をひっくり返すと「女ごときの戯言、気にするまでも無い」ということにもなるんだけど・・。

バレンタインは女の子のために花束を送る (日本人と韓国人以外の習慣)

ここでバレンタインが出てくるのが謎。
花を贈る習慣は日本にもあるし、花もらって喜ばない女の子は見たこと無いです。
「いままで送られたプレゼントで一番嬉しかったのはその辺で摘んできた花」と言っている友人もいます。
僕は毎週、嫁さんに花を買ってますよ、はい。

プロポーズの言葉は「ぼくが一生君のために尽くす(だから結婚して下さい)」

んなもん、本人同士で合意してりゃ何言ったって良いだろうがと。
ここで”日本のように「男は稼いで女性は家事をやる」なんてのはおばあちゃんまでの世代意識”という文章が出てきますが、それ、日本だとおばあちゃん以前から覆そうとどうにかしてきたわけだけども・・。
どうせなら「女は嫁いで男が稼ぐ」とか、見た目に楽しい言葉に替えられなかったモノか。。

まとめ(笑)

最初に書いてますし、本人もまとめとして非常にわかりにくく書いてますけど、「モテたきゃ、マメに気を遣いましょう」って話なんですよ。すっごいマメな人ってモテるじゃん?モテたい人用のハウツー本(笑)もあるじゃん?外国行くまで、この程度の事に気が付かないって、ホントどういう人生を歩んできたんだろうねぇ・・。それともアレ?俗に言う86世代って、こんな感じの”俺の周囲だけが世界全体”っていうノリがウリなの?

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です