本気で殺しにくるヌイグルミから逃げろ! 「Five Night at Freddy’s」

Ee20406ecdd108b6c2d735c1ef7802e5

人材求む!!

Freddy Fazbear's Pizza

午前0時から6時までの夜勤警備員を募集中。
お仕事内容は監視カメラのチェック、
備品や動物ロボットの安全確認をするだけの
簡単なお仕事です。
週給120ドル。

注意
手足をもがれた等の怪我の責任は一切負いません

Five Night at Freddy’sはスコット・カウソンさんが開発したホラーゲームだ。プレイヤーは、Freddy Fazbear’s Pizzaの夜間警備員として5日間の夜間勤務を行うことになる。

夜勤?楽勝じゃん!?いやいや、夜になると自動徘徊モードに設定された店のマスコットたちが襲ってくるのだ。ぷれいやーは、彼らを監視カメラで監視し、警備室への侵入を阻止しなければならない。
警備室に侵入されたら最後、彼らはプレイヤーをロボットの内骨格として認識し、無理矢理ロボットのガワを被せてくる。当然ロボット用のガワであるため、生身の人間がそんなモノを被せられたら内側の梁やワイヤーでプレイヤーの体はズタズタになる死んでしまう。なんて素敵な設定!!!

プレイヤーは警備室に備えられた監視カメラとドア、ドアライトを駆使して、人形達の襲撃を防ぐことになる。全部で5体ある人形達は行動パターンが決まっているので、それぞれに見合った対応をしていくわけだ。

人形達は”だるまさんがころんだ”のように、監視カメラで監視していれば基本的に動くことは無い。ただし、reddy Fazbear’s Pizzaは省エネのために夜間に利用できる電力が決まっており、監視カメラを見るたび、ドアを閉めるたび、ライトを付けるたびに電力を消費してしまう。つまりずっと見張っているわけにはいかず、人形行動を先読みしながらドアの開閉を行わなくてはならない。電力が切れたら・・・もうわかってるよね。

1プレイ10分もないので、最近はちょっとした時間つぶしにプレイしている。最初は何こっちゃ分からず、幾度も人形達に惨殺されるのだが、勝手が分かってくるとドア開閉タイミングやカメラの監視タイミングをはかる作業が俄然楽しくなる。また死の瞬間は、突然、ロボットたちの絶叫顔が画面一杯に広がるので猛烈にビビる。これも楽しい。

Five Nights at Freddys 1A

何台もある監視カメラをチマチマと切り替えて人形を監視する

5NAF

ゲームオーバー後の画面。左の暗がりをよく見ると、無理矢理”ガワ”に詰め込まれたプレイヤーの憐れな姿を見ることが出来る。

Maxresdefault

ビギャー!という絶叫ボイスとともに襲ってくるロボット

裏設定もなかなか俺好み……

  • Freddy Fazbear’s Pizzaでは、可愛いキャラクタロボットがウリの店だったのだが、あるロボットが突然お客に噛みつき頭を食いちぎった事故が過去に発生している。
  • Freddy Fazbear’s Pizzaのキャラクターに変装した変質者に5人の子供達が誘拐された事件もあった。変質者は逮捕されたが、5人の子供達は未だに発見されてない
  • Freddy Fazbear’s Pizzaの客から「キャラクターから腐敗臭がする」という苦情が発生している

ベタな真相は推して知るべしだが、このドス黒い設定。燃えるよなー。
もとはWindows用ゲームだが俺がプレイしているのはiOS版。手軽に遊べるのもののゲームオーバー時は慣れないとビクッとなるので外出時にプレイするときは要注意。

インターステラー 〜事象の地平線で引き伸ばされた映画〜

Maxresdefault

叩かれノーランちゃん

夏頃、ブートレグ編集長の侍さんとこんな話をした。
「いま、何かにつけてノーランは叩かれてるけど、80年代のスピルバーグがそうだったように、ノーランも行く行くはシネフィル共がありがたがる存在になるに違いない!だから、今のうちからノーランを持ち上げて言質にするのだ!」

クリストファー・ノーランは嫌いじゃないし、「メメント」や「インセプション」は好きな作品だ。(バットマンは正直よく分からん。)ただどれもこれも長尺過ぎる。なんでこんなに長くする必要があるのか。せめて120分台まで切れないのかと思うことしきり。その癖、お得意の時間軸操作のやりすぎで、映画後半では突然のキャラクターワープ移動や理解に苦しむ行動が目立ったり、編集しててわけわからなくなってんじゃねぇの?と。

というわけで、インターステラーみました

無理。これは無理。なにこれ?
わかりますよ。インセプションでやってた時間操作をSFならさらに大仰に、ドカーンとスケールでかいやつができると。うん、わかる。でもさー、スケールもでかいけど、粗もでかすぎんだろ。

なんだか分からんけど、地球が小麦とオクラが採れなくなって砂嵐で大変。基本的に政府も殆ど崩壊状態にあって、軍隊は解体、アポロ計画はインチキだとされている。もうのっけから何言ってんのかわからん。全部説明しろとは言わんが、あっちもこっちもと台詞に適当に設定散りばめて、方向が定まっていない。

この調子でとっちらかりながら、やれワームホールだ、ウラシマ効果だ、愛だ、家族だ、裏切りだ、ロボットだ、ブラックホールだ!!やっほい!やっほい!と詰め込むだけ詰め込んで、殆ど夢ヲチみたいなヤッツケ収束に持ち込む。もう、それ、ダークナイト ライジングの駄目なところ全部そのまま残してんじゃん!と。

宇宙物理学者が脚本に関わってるっといっても、量子力学と相対性理論があーだこーだなんて、別に関係無かったです。「相対性理論はこの際無視だ!」なんて台詞も出てくるし。

はっきり言ってダメポール・アンダーソンの傑作「イベント・ホライズン」とレベルは一緒です。

Cap00237

俺、脚本の粗い映画ばっかり見てるけど、短時間勝負で勢いに任せて引っ張ればなんとかなるんだよね。でも、さすがに粗いまま3時間は無理だっての。

トウモロコシ畑を爆走する車と海兵隊ロボット、この2点だけは良かった。それから、音楽があんまりジマジマしてないのも良い。

ウヘウヘ

あ、そうそう後半、マコノヒーがウヘウヘと地面を転がる場面があるんだけど、もうね10分くらいウヘウヘとずーっとのたうち回ってんの。あれ、いいよね、ウヘウヘ。長ぇよ。

Cap00241

忘れた頃の追記

昔、このネタエントリ(タグがDiscipline)に釣られた若者が勝てもしない喧嘩を売ってきた挙げ句、一人で踊った末に
「俺様が釣ってやったのだ!」と息巻いていました。半年経った今、BD発売記念に彼の釣り添削ツイートを貼っておきます。


よっぽど腹が立ったんだろうなぁ。詳細はこちらを参照のこと

Bootleg CATALOG 〜POV Inferno 〜

11/24 文学フリマで出展されるBootlegに寄稿してます!

20141103152642

2年ぶりとなるBootlegが発売されます!今回のテーマはCATALOGです。「あなたの知らない映画カタログ」というテーマで名のある方々が寄稿しています。末席ながら、私も書かせてもらいました。

ライター陣については、今回のニューフェース。暗黒皇帝サマが自身のブログで楽しく紹介しています!
是非、読んでみてください

11月24日開催の文学フリマ出展の映画評同人誌『Bootleg』にこのオレも参加します 〜メモリの藻屑、記憶領域のゴミ〜

今回の寄稿内容はなんぞ?

Cannibal holocaust

POVを取り上げました。もうね、どいつもこいつもPOVなんですよ。油断するとカメラもって走り出す青春。お前らふざけてんのか?本当に腹立たしいことこの上無い。しかもね、「食人族」ってあるでしょ?アレは良いんですよ。アレは。でも、ブレアウィッチでファウンドフッテージが復活してこちら、ほんとクズみたいなPOVばかり。特にパラノーマル・アクティビティは死んで欲しい!おっ死ね!っという思いを込めて書きました。映画以外にもPVやテレビ番組におけるPOVも言及しているよ!!!

また今回はコラム形式ではなく、Bootleg NOIRでやったレビュー連打形式となっています。たぶんNOIR号を気に入ってくれた読者様には楽しんで頂けるものと思っています!

他にも幾つか、80年代ビデオ作品のレビューと、超有名アーティストのPV集なのに正規の入手方法がP2Pダウンロードという一風変わったDVDの紹介もしています!楽しいよ!!

というわけで、文学フリマは11/24、東京流通センターで開催!

東京靴流通センターじゃないよ!東京モノレール「流通センター」駅、徒歩1分の東京流通センターだよ!!東京流通センターの第二展示場、2階のカ-01だからね!

20141028202740

当日は、僕も売り子やってます。暗黒皇帝とキャッキャウフフしているので、気軽に声をかけてね!!

ダメな邦題シリーズ1「ザ・サスペリア 〜生贄村の惨劇〜」

Jug Face banner

穴神(The Pit)を信仰する村で起こる悲劇を描いた佳作ホラー、Jug Face の邦題が何故か「ザ・サスペリア 〜生贄村の惨劇〜」となっていた。
”生贄村の惨劇”というサブタイトルは分かる。しかし、”ザ・サスペリア”とはなんぞ?と。
邦題に「サスペリア」の名を冠したDVD・ビデオスルー作品は多い。サスペリア2000、サスペリア・ナイトメア、新サスペリア・・どれもこれも「サスペリア」とは似ても似つかない作品ばかり。ただ、どれもイタリアン・ホラーだった。(サスペリア・ナイトメアは隠れた傑作である)
ところが、「Jug Face」は、イタリアンホラーですらない。作中、信仰される穴神「The Pit」という言葉が出てくるにも関わらず、なんでこんなタイトルにしてまったのか、甚だ疑問である。
さらに「ザ・ピット」というタイトルに映画は既に存在している。内容はというと、街外れの森に得体の知れないバケモノが潜む穴を発見した少年が、お気に入りのヌイグルミの指示を受け、次々と怪物への供物として穴に知人を突き落としていくといったもの。何言ってんのか分からないと思いますけど、実際そう言う内容の映画です。面白そうでしょ?

74bf9326800f52dad67862f5e4171c4d2

Jug Faceは穴神が次々と村人を惨殺し、穴に引きずり込むという映画なので、やはり「ザ・ピット 〜生贄村の惨劇〜」とした方がしっくりくるのに・・・・。

ちなみにこの「ザ・ピット」は、1981年の作品。未DVD化で中古流通量もあまりないので、ちょっとレアである。

ナマニクのアニメ映画ベストテン

はい、今年もワッシュさんのベストテンの季節がやってきました。

アニメ映画ベストテン – 男の男の魂に火をつけろ!

今年はアニメだそうで・・・俺、アニメみないんだよなぁ・・昔から。
ちょっと苦しいが、以下10本順不同。

  • ドラえもん のび太の魔界大冒険(1984)
  • AKIRA(1988)
  • ルパン三世 カリオストロの城(1979)
  • パーフェクト・ブルー(1998)
  • 機動戦士ガンダムIII めぐりあい宇宙(1982)
  • 伝説巨神イデオン 発動編(1982)
  • うる星やつら2 ビューティフル・ドリーマー(1984)
  • トイストーリー3(2010)
  • サウスパーク 無修正映画版(1999)
  • クラッシャー・ジョウ(1983)

魔界大冒険は劇場版ドラえもんのなかでは最高傑作。
ただ現状、ソフト化が不十分で当時の主題歌「風のマジカル」が流れない問題がある。俺は幸いTV放送VHSがあるので、いいのだが。。。勿体ない。今観ても面白いのに。

AKIRAは、正直、芸能山城組の曲だけのために観る。

カリオストロはもうなにも言うこと無いけど、飯食うところだけで100点あげる
パーフェクト・ブルーは、えげつないアニメ代表
サウスパークはBlame Canada一択

ガンダム、イデオンは思い出。
押井なら僕はうる星やつらです。パトレイバー、大嫌い。
トイストーリー3は卑怯すぎる。泣くだろ。
クラッシャー・ジョウは、アルフィンがバズーカ撃ってひっくり返る場面。あれ最高。

アニメは畑違いだから、あんまり書くとボロがでそうなので、この辺でお終い。