減らない牡蠣が怖い


良い天気なので、スカイツリーが見える公園で牡蠣を焼きます。


何か漕いでいます。


怖いお兄さん達が炭をおこします。


日本に6枚しかないTシャツを自慢されます。


一斗缶です。


牡蠣です。10キロあります。


洗います。


ハトが見ている中、焼いていきます。


食べます。


素敵なお姉さんが作ってきてくれたアヒージョも食べます。
他にもキャロットラペや豚汁やら大量に食べ物の大海が広がっています。


牡蠣に戻ります。


全然減りません。


蒸したり焼いたり、黙々と食べます。
※生牡蠣も別枠で用意されていました。


もう辛いので、ハトを捕まえて茶を濁そうとします。


完食したご褒美はメガマシュマロです。

ごちそうさまでした。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です