On the Run

 新しいランニングシューズを買った。前のシューズは総走行距離600キロを超え、随分ボロボロになってしまった。今までずっとNikeのシューズを使ってきたのだが、最近のNikeは速さを求めるあまりに耐久性を犠牲にし、高性能かつ高価なシューズばかりを作り始めていたので「コスパ的にも次は違うメーカーがいいなあ」と考えていたのだ。そもそもね、あんなにピョンピョンと無理矢理前方に跳ねさせられる靴は、もはや普段のランニングは向かないのですよ。ガチ過ぎて。廉価な靴もあることはあるのだが、こちらはショボすぎて、毎日10キロ走るには不向き。

「うーむ!困ったな」

 と思いあぐねているところ、友人に勧められたのがonだった。まったく知らないメーカーだったのだけれど、なんとなく名前がいい。俺はサッパリした名前に弱いのだ! Us、On、Soあたり。なんだかピーター・ガブリエルのアルバム名みたいですね。

 それはさておき、メーカーを変えても困りごとは尽きない。シューズの特性だ。大体は名前で、柔らかいとか、跳ねるとか色々と特性が決まっているのだ。でも、どのメーカーも個性的な名前の割に特性がつかみにくい。onの場合はとくにそうで、flyer、swift、flow・・・

「よし!まったく分からん!」

 Nikeだと、とりあえず全部注文して試着。たっぷり走ってから気に食わない商品を返品という鬼のような行為ーー裏で中国やタイ、ベトナムの人たちが泣いているーーが可能なのだが、さすがにお初のメーカーに対して、不義理をやってはいかんだろうと、新宿の直営店へ。
 ここがなかなか良い店で、こちらから話しかけない限り店員が寄ってこない。快適に店内をひととおりり眺めた後

「毎朝10キロ、6分/kmくらいで使えそうなやつを全部持ってきて!」
「分かりました! 持ってきます!」

 6つくらい箱を抱え店員さんが戻ってくる。片っ端から試着して、あーでもないこーでもないと小一時間。軽くてクッションが効いているflyerを選んだ。これが大正解!いやー、やっぱり無理矢理前に進ませる靴は危ないねー、疲れるねーと思いました。明らかに足の負担が軽くなったんですね、とくに膝と大腿。Nikeによくある”バネ”がない。その代わりにクッションのおかげでフォームが整えやすい。足が楽だわーと。
 そんなわけで良い買い物をしたのでした。