裁縫 雑記(03/29〜04/05)

ずっと家におりますよ

 4月に入って、無事狂った部署から異動できたのですが、異動するならするで引き継ぎ相手も決めてもらえず「ああ、最後まで気が狂った部署だったなあ」と思っております。やり残していることも多々あるのですが、何だかんだと「基本的に来るな」と言ってくれる良い会社なので、20日くらい在宅勤務で会社に出ておりません。非常にありがたいことです。先週も書いた様な気がしますが、外に出るのは朝10㎞ランニングするときだけです。そろそろ、気が触れる予感がしております。ウチの奥さんは、現場に行かないとお仕事が出来ないので出社しておりますが、この週末、バジェットガエルのマスクを作ってくれました。ありがたいです。今度出社するときは、これをつけて行こうと思います。

『ザ・トレイン』の海外版BDのジャケットが真ん中じゃない感じ

 「処女じゃないーーーっ!」と嫁が処女じゃないだけで悪魔が大爆発するイタリア/ポーランド合作映画『ザ・トレイン』が大好きでしてね。「なんで、国内版BDにならないんだろう?」と日頃から思っていたのですよ。で、今、こんなご時世で特に行くところもないし、去年の春頃、Vinegerから出ていた北米版買って置くかとポチりました。いやー、ガチョウがねいいんですよ。この映画。暴走した機関車を止めるためにトラック野郎が愛車をですね、線路上に駐車して進路妨害をする場面があるのですよ。トラックが大爆発している背後で、ビックリしたガチョウの集団が「グワッグワッグワッ」て逃げ惑うの。それがねぇたまらなく良いんですよ。
 それはさておき、このBDのジャケのね中心がズレているのが気になって仕方がない。まー、映画自体は良くても扱いそのものがぞんざいな映画なので(Beyond the Door IIIとか名乗らされてますけど、Iが『デアボリカ』でIIがバーヴァの『ザ・ショック』ですから)致し方ないといえばそうなんですけど、やっぱりこう飾っていてきになるなと。とまあ、今週はそんな感じです。

The Hermit 雑記(03/22〜03/28)

トークイベント、延期になっちゃってごめんなさい

 まずはお詫びです。毎月恒例、28日の「死霊のフリマ」の第1部でやる予定になっていました「残酷未公開映画チョイ見せ」トーク、件の事情で延期せざるを得なく、申し訳ないありませんでした。さすがにあのお達しの元ではキビしいかなと判断。とはいえ延期ですので、必ずやります。その時はまたよろしくお願いします!

資格の更新などをしました

 ずっと在宅勤務をしているわけですが、家にいようが会社に出ようが、現時点で自分の出来る仕事はさほどなく暇。そこでLinuc Level3の資格でも更新するかと思い、そそくさと5日くらい勉強し、さっくりと更新してきました。良い点数で合格できて満足です。それでも時間があったので、会社のメールと見て「あれはこうした方が良い、ああした方が良い、こっちはこうしないと、回らない」等々、意見も出してたのですが、大体無視されるか「あーのこーのだからどーのこーのでー」とお断りされてしまうので、お肉的には「もう、お好きにどうぞ。勝手にたき火でもしていてください」という感じ。一番ウケたのは「データベースのデータを取らずにテーブルおよびその他オブジェクトを取る」という目的に対し「スクリプト作って取りたい」と社員が曰っているので「スクリプトなんて作ってる暇があったら、データベース付属のツールを使えば良いじゃいですか」と言ったら「それではデータが取れていないことの証明にならない。この業界は個人情報が大事なのです」と返されたことです。個人情報が大事なのはどの業界でも同じだし、そもそも付属ツールの”データと取らない”オプションは何のためにあるのか?車輪の再開発して楽しいですか?みたいな。「ア、ソウナンデスネー。コジンジョウホウ、ダイジデスネー(ヘラヘラ)」という塩梅です。ちょっと出社しないとできないこともあるのですが、そんなに急ぎでもないので、月曜からまた在宅勤務です。

Gppd Jobが面白いです。

先に書いたように普段から「会社、壊れないかなぁ」と恨み辛みを募らせているので、この会社ぶっ壊し放題の任天堂製インディ風ゲームは非常に楽しいですね。当然、丁寧な仕事はせずに「ヨシ!」という塩梅で、会社をぶっ壊しながら色々遊んでます。他にDOOM Eternalもあるのですが、こちらもこちらでぶっ殺しまくりなので、楽しいですね。家に引きこもってゲームするの最高!

Depression 雑記(03/16〜03/21)

SNSを(あまり)見ないことにした

 「おいコラ、先週のタイトル英語にしただけじゃねぇか!」て、そうなんだけどでも。何がどうしたという訳でも無いんですが、なんとなくTwitterが体に悪すぎる気がしてきたので、見る回数を意識して減らしている。少なくともiPhoneからは見ない。面白い投稿は見逃したくないんだけど、なんか腹の立つこと言葉が流れてくるとどうもアカンなと。いやー、自分が腹の立つことを言っているないとは言わないけど、なんでみんな起こっているのか分からんなあと。紙に殴り書きする感覚でポストしてるんだろうけど、どうにも辛い。とは言え、全く見ないとか発信しないという事ではなく、精神衛生をどうにかしようと。まあ、そんな感じでこんなタイトルなワケですよ。絶対、SNS除くより本読んだり映画観たりしてた方が得なんですよ。でもなんか見ちゃう。今更ながら恐ろしいですねえ。でも、ワスのような底辺ライターはSNSを巧いこと使わないと名が売れないので、そこをどう折り合いをつけていこうかなぁと考えております。なのでカモでもみて過ごすコトにしています。

『Mid90s』を何回目かワカランが見た

「mid90s」の画像検索結果

 ジョナ・ヒルが監督した、90年代を舞台にスケボー少年のオフビートな生活を描いた『Mid90s』を観た。これは何回観たかワカランのですが、気分的に辛くなったときに観てます。母子家庭兄弟の弟君の短期間の成長記録といった具合の内容。母親と大作映画を観て週末を過ごしていた小僧が、スケボーにはまり、スケボー仲間である年上の悪ガキたちと連んでワイワイガヤガヤ過ごすようになる。しかし、クールに見えた悪ガキ達には、それぞれの事情があり、それを知るにつけ小僧は少年になり、そして大人になっていく。母親は、最初我が子が悪ガキと連むことを否定するのだが、「友人」という存在にしかできない事を認めるようになるのであった……。
 小難しいことは言いたかないんだけど、やっぱり携帯普及前の家族と友人って深度が違うような気がする。あ、いま完全に老害なこと言ったね、俺。でもなあ、どうしてもそんな感じがしてならんのですよ。だから上に書いた様な……SNSね、そういうものの繋がりに希薄さを感じるだなあと。もちろんオフラインで会ってしまえば30年前と変わらないし、繋がるきっかけは30年前よりも物凄く増えている。これは素晴らしいことだ。特に俺みたいな出不精な人間は、ゴールデン街まで出て行って友人を作るようなことはなかなか難しい。それがアッサリ出来るんだからねえ。うーん、まだかみ砕けてないけど、『Mid90s』のような90年代を扱った作品は、レトロウェーブや『ストレンジャー・シングス』のような80年代のカルチャーリファレンスという括りでは語れない部分があるなあと思うわけです。90年代の生まれた服装や音楽は80年代と違って、死なないまま21世紀まで来てしまっているから。

憂鬱 雑記(03/09〜03/15)

 今まで雑記のタイトルに漢字一文字を使ってきましたが、なんかポエミーな感じがしてキメェなと思ったので、今週から二文字、日曜締めで行きたいと思います。

家に居ようと思ったら……。

 今週はずっと在宅勤務をキメて、通勤という名のドブ捨て時間を回避できると思ったら、バカで雑な課長が突如、「出社しろ」とか言いやがったので、予定が狂いまくり。で、出社したら、当人が現場にいない。雑なヤツだよね。でもバカで雑だから仕方ないなと思いながらも、課長に「お前の言ってることをがよくわかんねぇんだよ」的なメールしたら、電話をかけてきて、ロクに指針も出さずに「なんでお前は俺に噛みついてんだ。緊急事態!緊急事態なんぞ!」と騒いでいる。よくよく聞いてみれば全くもって不要不急な仕事だったので「あんた、課長のくせに、いつも雑な指示しか出さないバカなヤツだな!」と意見をして差し上げたのですよ。そしたら、バカで雑なオッサンのクセして「じゃあ貴方なにができるの?」となどと言ってきやがったので「雑でバカなお前にそのような口を利かれる筋合いはない、無能が。」と返したのですが……まあ、これ以上、何の面白みもないので止めておきます。当てこすりで俺に勝てると思ってんのか、身の程を知れよと。とにかく精神状態は悪化しましたね。間違いなく。

ビャンビャン麺食べました

 そんな訳で、週末は奥さんとゆっくりすることにしましたよ。まず、ホワイトデーね。ケーキを買っただけなんですけども、喜んでくれてですね。うれしかったのです。彼女はガトーフレーズが好きなのは分かってたんですけど、今回はガトージョコラに。たまには良いかなと思って。ガツンとくるチョコは、脳味噌に染みますねえ。で、次はCOVID-19の影響で中華街が空いていると聞いたので、ビャンビャン麺を食べに中華街に。中華街でビャンビャン麺を食べられるお店は一軒しかなく、そのお店の麺料理は全てビャンビャン麺に変更ができるという面白いシステムをとっている。
 奥さんは牛肉水餃子ラーメンの麺をビャンビャン麺に替えたのもを、俺はスタンダードな辛口ビャンビャン麺を。水餃子+ビャンビャン麺ってどっちも皮っぽいので、失敗なんじゃね?思ったのだけど当人は美味そうに食べていたのでヨシ。俺の方辛口ビャンビャン麺は思ったよりも辛くなく、ラー油の油具合が最高でしたね。油好きなので。その後は中目黒まで足を伸ばし、旧朝倉家住宅で苔を見たり、郷・さくら美術館で桜の絵画をみたりとゆったりとした休日を過ごしましよ

『新・バーニング 鬼火伝説』のUS版とインターナショナル版

「the prey 1980」の画像検索結果

 漸く観て気がついたんですけど、US版のほうがデキがいいんですねぇ。どっちも面白くは無いんですけどね!!!詳しくは近々。

煤 雑記(03/03〜03/09)

「ひまわり 映画」の画像検索結果

久しぶりに『ひまわり』を観た

 30年振りくらいに『ひまわり』を観た。50周年記念のHDレストアということだそうで・・・とはいっても、ネガは消失しているから、ポジをいくらこねくり回しても、限界がある。だら、ビックリするほどバッキバキになるわけもなく、予想を超えるような状態ではありませんでした。とはいえ、後半の暗い場面はすこぶる視認性がよくなっていたと思います。
 しかし、改めて観てみるとソフィア・ローレンの乳にやたらとマストロヤンニが手を伸ばしているのが気になって仕方が無い。隙あらばしたからグイッとやる。「あ、イタリア男ね!」という感じではありますが、若いときに観たときはもっと手数が少なかったような気がします。大人になると余計なモノが目に付くんですね。いけませんね。ヘンリー・マンシーニの曲もモリモリと使いすぎてて、しつこく感じたり、まあ、それも「あ、イタリア映画ね」という感じで、良いっちゃ良いんですけど。とにかく変な所に気が行ってしまうのは、やはり心が煤けているのかなとちょっと悲しい気持ちになりました。ロシアの場面は相変わらず綺麗でよかった。あれは良い。2020/05/01から公開だそうです。

在宅勤務の楽しみはカモです

 「出社しなくて出来る仕事なら、会社に来んな」ということなので、今週はずっと在宅勤務。とはいえ、俺は殆どノージョブなので好きに勉強したりしているのですが、心配なのは運動不足。普段から土日は両日川沿いの定番ルートを10キロ走るので基本的に運動不足ではないのですが、通勤がないかつ在宅勤務で出かけないとなると、本気で一日中動かない。さすがにそれはマズいということで、毎日10キロほど走ることに。走ることは好きなのですが、「いくら好きでも、さすがに毎日同じ川沿いの風景は飽きるぜ!」と思っていたときに目に付いたのがカモ。
 あいつら、なかなか可愛らしい。のんびり泳いでいるウチに、うっかり落差工に落ちかけて、慌ててUターンしたり飛び立ったりとなかなか飽きさせない。

というわけで、今週は「心が煤けて楽しみはカモぐらいしかない。」というところです。