腹立ちを通り越して、ガックリきたので

 朝から色々とガックリくる話を聞いてしまい、これは鴨を見るしかあるまいと。先日、ぼくが朝のマラソンでコケてケガをしたので、お流れになっていたお楽しみ企画「駅前の人気コッペパン屋で惣菜パンを買って、モフモフ食べならがらカモを愛でる」を実行したのである。

 ところが強風のせいか、カモがいない寂しい風景が広がっていた。

ヒドリガモがポツリ。
ヒドリガモがポツリ。

 寂しい上に、めちゃくちゃ寒い。奥さんが淹れてくれた紅茶を飲み飲み、コッペパンを食べる。奥さんはチーズが爆盛りされた”チーズスペシャル”、ぼくは欲張って2つ。ピクルスがしこたま入っている”野菜サラダ”と50円でホイップをマシマシにした”クッキークリーム”。風に吹かれながら一匹フワフワしているヒドリガモを眺めつつ、悪い食べ物を楽しむ。しばらくするとオオバンやらカルガモが少しずつやってきて、賑やかに。

 「でも、キンクロちゃんがいないねぇ」

 キンクロハジロにどハマりしている奥さんが寂しそうに呟く。毎日、キンクロ観察のために公園に通っていた彼女曰く、3日前から姿が見えないとのことだ。

 「キンクロちゃんがいなくなったら、どうすればいいの?」

 「もう、来シーズンまで布団かぶって寝てるしかないね!」

キンクロちゃんは、渡り鳥だからお別れは仕方ないのだ。いつもお別れは突然やってくるもんなのだ。

シュールランニング

 朝ランにそそくさと出かける。日曜日は、8時くらいからののんびりスタート。この時間だとカモちゃん達の朝ごはんタイムも終わり、のんびり休んでいる姿を見られるので、週末のならではのお楽しみもあるのだ。

 今週は、マガモちゃんもプカプカしていて、満足満足とニコニコ顔で走っていたら、路上に何か書いてある。

 近づいてみると、ご覧の通りだ。

 そうかそうか、食わないだけでは救えないんじゃないかな?とひねくれたことを考えつつさらに進むともう一つ。

 おお。でっかく出たな!さすがヴィーガン殿の考えることがビッグだ。自らの食生活を犠牲にしてまで、地球を救うとは、ベン・アフレックもびっくりだな。

 そして仲間を鼓舞するメッセージは世界共通の英語で!さすがヴィーガン殿。でも落書きしている暇があるなら、しっかり肉食えよな!!

 そうそう今日、辞書を眺めていて知ったんだけど「カモにされる」のカモって、鴨の肉が美味しいからだそうで、辞書はいいものだなあと思ったのでした。

なんだか、甘いものが食べたくなる音だな

 今朝も相変わらず寒かった。その割には寝起きが良く、布団が体をすんなりと解放してくれたので、朝ランに出かける。いつもの人々と挨拶を交わしながら、軽く10キロほど流す。すれ違う人々は同じでも風景が少し違った。ランニングコースは近所の川沿いの自転車道を走るのだが、夏からちょっとだけコースを変え、100メートルほどの砂利道を加えた。その砂利道の水たまりが今日は、パッキパキに凍りついてた。

 「お、なんかこういうのは久しぶりかも」

 これは踏んでみるしかあるまい。足を軽くのせると、チョコモナカジャンボを食べた時のようなパリパリという音とともに氷が割れる。楽しい。コースを変えた甲斐がある。

 「なんだか、甘いものが食べたくなる音だな」

 昔、氷を割った時、こんなこと思ったことなかったな。糖分が不足しているのか。腹が減っているだけなのか。昼飯はまたパフェでも入れればいいのか。なんて思う朝ランだったのでした。

我らテキトー夫婦

 知り合いからは、いつも仲の良い夫婦と思われている我々だが、そこそこに……いや、結構喧嘩をする。大体、俺が訳のわからん事をしでかしたり、適当極まりない生活をしているのが原因なのだが、まあ、とにかく喧嘩をする。でも最近、奥さんがニコニコと暮らせる生活をしたいと、それでいて自分に無理なく、相手に気をつかわせることもない生き方をしたいと心底思う様になった。そう気を付けているせいなのか、仕事が順調で精神的にも落ち着いているせいなのか、喧嘩をしてもこの頃は納得いくまで話ができるようになったとような気がしている。とはいえ、俺も奥さんも適当だし、老後も心配な今日このごろなのであります。

 そんな我らですが、今日はぶらっと近所の公園でキャンプをしてまいりました。シングルコンロとヤカン、ホットサンドメーカーを持ち出して、鴨を見ながら昼飯を食ってきただけですけどね。外で飲むスープ、こんがり焼けたホットサンド、そしてカモ。よかったなあ。本当は原稿を書かなきゃいけないんだけども。”のんびりしたことをずっとやっていきたいもんだ”と思った日なのでした。

クルクル回る

 今週から昼の仕事が増えた。物書きの方の仕事もギッシリなのだが、増えた。隣の課から退職者が出たので、彼がやっていたタスクの穴埋めをするのだ。会社・身バレはしているものの、仕事の内容については触れられないので詳しくは言えない。これが探偵のような楽しい内容で、異動もやぶさかでない感。おかげさまで、頭が疲れてよく眠れる様になった。眠れる様になったのは良いのだが、今度は起きられない。楽しい朝ランも隔日くらいに減ってしまい……というか、惰眠を貪ることを体が覚えてしまい、そろそろ何か手を打たないといかんと思っております。

 さて、先の楽しい仕事。手順書を見ていたら昔の部下の名前が。どうも俺の下から異動した後、この仕事をしていた様子。とても頭の良い優秀な子なので、今はシンガポールに行ってしまった。自分の元から旅立っていった部下がやっていた仕事。それを俺のようなロートルおっさんが”えっちらおっちら”とこなしている様に諸行無常を感じたのでありました。