月: 2020年4月

Pretty New Machine 雑記(4/6〜4/12)

そういえばずっと人と会っていないことに気がつき、ビックリした

 前日、夜に突如友人からZoomのお誘いがあり、ビデオチャットをしました。あ、Zoomね。セキュリティ問題でニュースになったから知っている人も多いと思うけど、ざっくりと説明すると、オンラインでミーティングをするためのツールでして、まあSkypeと同じと思ってくれれば良いです。それで、久しぶりに奥さん以外と話すのが楽しくて、ついつい夜更かししてしまいました。最近”オンライン飲み会”という言葉を聞いて「けっ、くだらねぇ!」なんて思っていたのですが、なんだなんだ楽しいもんじゃないかと。それで翌日、別の友人をZoomに誘って、これまた久しぶりに話しましたね。コロナ禍の中、ちょっとでも楽しいことを見つけるのは良いことだなあと。

 他の楽しみと言えば朝のランニングでカモと八重桜の開花っぷりを楽しむぐらいです。

新しいiMacが来たよ

 ここ8年ほど、2012年型のMac Book Proを使っておりました。このMacBookProこれで『Filthy』を2冊、原稿も山ほど書き、『映画と残酷』も書き上げた思い出深いマシンなのですが、ちょっとスペックが不足しているのと、俺の老眼が進んでしまい、画面解像度を大きくしないと文字が読めなくなってきちゃったんですよね。それでもまだ使えるんですが、解像度を大きくすると今度は複数作業が非常にやりにくい。これはいかんともしがたいとなり、新しいiMacを買いました。いやあ、27インチって大きいですね。配信映画も観やすく迫力も増して非常に満足です。メモリも40GB積んだので、色々と捗っております。元を取るため、せっせと稼がにゃいかんですわい!

裁縫 雑記(03/29〜04/05)

ずっと家におりますよ

 4月に入って、無事狂った部署から異動できたのですが、異動するならするで引き継ぎ相手も決めてもらえず「ああ、最後まで気が狂った部署だったなあ」と思っております。やり残していることも多々あるのですが、何だかんだと「基本的に来るな」と言ってくれる良い会社なので、20日くらい在宅勤務で会社に出ておりません。非常にありがたいことです。先週も書いた様な気がしますが、外に出るのは朝10㎞ランニングするときだけです。そろそろ、気が触れる予感がしております。ウチの奥さんは、現場に行かないとお仕事が出来ないので出社しておりますが、この週末、バジェットガエルのマスクを作ってくれました。ありがたいです。今度出社するときは、これをつけて行こうと思います。

『ザ・トレイン』の海外版BDのジャケットが真ん中じゃない感じ

 「処女じゃないーーーっ!」と嫁が処女じゃないだけで悪魔が大爆発するイタリア/ポーランド合作映画『ザ・トレイン』が大好きでしてね。「なんで、国内版BDにならないんだろう?」と日頃から思っていたのですよ。で、今、こんなご時世で特に行くところもないし、去年の春頃、Vinegerから出ていた北米版買って置くかとポチりました。いやー、ガチョウがねいいんですよ。この映画。暴走した機関車を止めるためにトラック野郎が愛車をですね、線路上に駐車して進路妨害をする場面があるのですよ。トラックが大爆発している背後で、ビックリしたガチョウの集団が「グワッグワッグワッ」て逃げ惑うの。それがねぇたまらなく良いんですよ。
 それはさておき、このBDのジャケのね中心がズレているのが気になって仕方がない。まー、映画自体は良くても扱いそのものがぞんざいな映画なので(Beyond the Door IIIとか名乗らされてますけど、Iが『デアボリカ』でIIがバーヴァの『ザ・ショック』ですから)致し方ないといえばそうなんですけど、やっぱりこう飾っていてきになるなと。とまあ、今週はそんな感じです。