映画

『Babyteeth』(『ベイビーティース』)を観た。

 俺は余命映画が苦手だ。余命映画が人気を博す度に、「世の中、悪趣味な人が沢山いるもんだな」と、自分の趣味を棚に上げてよく思ったもんである。昔は小児ガンに冒された子供を使った泣かせ2時間ドラマが頻繁に放送されていた。ウチの両親は好きで観ていたが、”辛み”しか残らないので俺は観なかった。”誰かが死ぬ”ことが確定していて、その”誰か”が迫りくる死の恐怖に苦しむ姿を観てどうしたいのよ?と。ホラー映画でガンガン人がぶっ殺されるのとはワケが違う……と思って。

 『Babyteeth』は余命映画だ。なぜ、この映画を観ようと思ったのか分からないが、なんとなく”これまでなかった明るい余命映画”という印象を受けたからだろう。

 主人公ミラの病名は明かされない。ただ余命幾ばくもない10代の女の子。両親の勧めでヴァイオリンを習っているが、どうにも気が乗らない。だってもうすぐ死ぬんだもん。

 彼女の父親ヘンリーはセラピスト。母親アンナは元ピアニストの専業主婦、夫のセラピーを受けて娘と自分の状況を見直そうとしている。おそらくは2人の精神状態は限界なのであろう。セラピーの時間は夫婦のセックスの時間となっている。

 加えて、娘のヴァイオリンの先生はアンナの元彼だし、ヘンリーは近所に住むノホホンとした妊婦に惹かれている。この奇妙な状況の中、ミラが連れてきた”彼氏”はドラッグディーラーのモーゼス。モーゼスは一家の事情を知らずやりたい放題。さんざん彼らを振り回すが、彼との邂逅はミラの残された人生を一変させていく。

 小さなエピソードの断片を繋ぎ合わせ、面白可笑しく奇妙で、時々殺伐とした一家の生活が描かれる。あまりにも断片的すぎて、余命映画感はほとんどない。

 「この子は、本当に死ぬのだろうか?」

 と思わせる程、死の臭いはしない。ただ、忍び寄るその影は確実に彼らを蝕む。モーゼスのために処方箋を偽造する、気軽に向精神薬を過剰摂取種してラリってみる等、様々な出来事が起こる。結局のところ誰もが「辛いけど気にしない」なぜなら「もうすぐ死ぬから」だ。ミラは時折、第4の壁を越えて「やってやった!」「私はもう死ぬ」など我々に心情をカメラへの視線だけで訴えてくる。まるで

 「ねぇ、信じられる? 私、もうすぐ死ぬんだよ?」

 と言っているかのようだ。

 切り刻まれた脚本は斬新である一方、常に断片的で人物描写の掘り下げが浅く、諸手を挙げて褒められる映画ではない。しかし、最後の10分間。すべての役者が全力で「死」と「遺」を表現する。モーゼス役のトビー・ウォレスはベネチアでマストロヤンニ賞を獲ったそうだが、そりゃ獲るわと。でも俺は、ベン・メンデルゾーンの「娘の死を察した」無言芝居が凄すぎて、泣きそうになりました。

 多分、日本公開されるでしょうが、下らないサブタイトルを付けられることなく公開されることを祈っております。

早 雑記(01/28〜02/03)

結婚記念日で大山に行った

 結婚して21年が経った。俺は大人コドモのバカヤロウなので奥さんはじめ、多方面に色々と迷惑と不便をかけて大変申し訳ないと思うと共にお礼を言いたく。いつもありがとうございます。本当にすみません。そして、これからもよろしくお願いします。
 さて、昨年の結婚記念日は、大山散策に行くつもりが朝の快便と共に肛門から大流血し、血の赤色とは反する顔色で病院に駆け込むハメになったのですが、流血原因の切れ痔も治りまして、今年は快調そのもの。いやあ、健康ってのは嬉しいもんですね。
 というわけで、昨年とはうってかわって血色の良い顔色で大山散策へと向かったのであります。昨年も大山に行ったことは言ったのですが、病院で散々待たされ、平日の遅い時間になってしまったため、お土産屋も殆ど閉まり、閑散とした淋しい状態だった。でも、今年は日曜日のお昼!晴れ晴れとした天気!非常に賑やかな散策となりました。賑やかすぎて、下りのロープウェイが満員で乗れず、次の便まで20分も待つのが癪なのでと女坂を徒歩で下ったら、思いのほか険しい道で、道中、奥さんがダウンしかけるなどのハプニングがありましたが、美味い蕎麦と豆腐、綺麗な景色で大満足の散策でした。来年も行こう。

『バッドボーイズ フォー・ライフ』観ておいた

 映画の日だったので、普段は行かないであろうScreen Xのハコで映画を観てみた。作品は『バッドボーイズ フォー・ライフ』。『バッドボーイズ2バッド』がイカれすぎていたので、多大な期待はしていなかったものの、“普通”意外、なんの印象もない映画で、他は「はー、歳食うのはヤダなあ」程度。そもそもね、俺、”ワイルドな男がオッサンになって、孫やら子供ができて「生活見直さなきゃ、だって俺、父親(ジイジ)だもん!」”という脚本が大嫌いなんですよ。バッドボーイズも完全にそっちに行っちゃったかーと淋しい感じがしましたねぇ。
 ああ、あとScreenXは3画面になったり1画面になったりメチャクチャ落ち着きがなくて全然よろしくないです。やっぱり映画は普通のスクリーンが一番かなあ。

初心ってなんだっけなぁの巻 雑記(11/19〜11/25)

毎回変な写真を上げていますが、朝のランニング時に見るお気に入りの鉄塔です。

 死霊のふれあいマーケットでヒロシニコフさんと屍エージロウさんのトークを聞いていて、「ああ、なんか懐かしいなあ」と。それに合わせて、今の俺と来たら、未公開映画の連載を持って、ZINEも作って、そこそこに売れるようになったけど、「なんか忘れてないか?」と感じたのであります。
 20年くらい前……。よく判らない映画(あの頃は未体験ゾーンも無かったので、そうそうヘンな映画が日本に入ってくることも無かった)のDVDを通販で買いまくり、ブログでダラダラと感想を羅列していたあの頃。俺、何がしたかったんだっけ?と。
 まあ、要は気兼ねなく映画のブログを書いて、適当に遊んでた頃はやたら楽しかったなあ、アレ、やっぱりやりたいなあと思ったわけです。というわけで、そろそろ本編のブログ、再開したいと思います!

映画『ジョーカー』の薄っぺらさ

関連画像

※ネタバレです。

とにかく「早く終わらないかなぁ」と思いながら観ていた。
俺は、安くて中身がスッカラカンなホラー映画ばかりみていてるが 「早く終わらないかな」と思ったことは殆ど無い。安くて中身がスッカラカンでも、その多くはジャンル映画への衝動がある。俺はそれが大好きだからだ。

しかし、この映画には衝動がない。『ジョーカー』の監督のトッド・フィリップスにはあったかも知れないが、俺には全くそれを感じられない。ここにあるのはあざとさだけだ。だから退屈で退屈で心の底から「早く終わらないかな」と思った。こう思ったのは久しぶりだ。

そもそも物語が平々凡々としている。ざっくりいうと病んだ男が度重なる不幸で、完全な狂人になるというお話。良くある話ですね。えぇ、良くある話です。

こんなことを言うと殆どの映画は、凡庸になってしまう。だから映画の面白さというものは、その凡庸さをどう魅せるかにかかっている。で、『ジョーカー』はどうか?これがトコトンなってない。全くなってない。

普遍的な不幸にさらされ、狂気に追い込まれている姿を見せて、観客を共感させ、主人公と同化させるという目論み見え透いている。

特異な精神障害に悩まされているとか、母親の介護で参ってるとか、良い人過ぎて同僚にイジメられているとか、凡ミスで仕事をクビになるとか、人気TV番組の司会者に玩具にされるとか、どこかで見た様な不幸を淡々と羅列されていく。これが、上手く繋がっていれば良いのだが、それぞれ全く絡んでいない。
これだけ羅列すれば、どれか一つくらいは観客の同情を買えるだろうといった具合で、あれがありました、これがありました、それもありました……。しまいにゃ主人公に「つらいのはもう十分なんだ」と言わせる始末。
あちこち散見される社会批判の記号的な表現(たとえば立派な劇場で金持ち達がチャップリンをみて笑っている場面 )も取って付けたようで「おー、政治不信、格差格差、社会派ですねぇ。はいはい。」といった具合。

いちばんお寒いのが、最後10分くらいで突然ジョーカーことアーサー君は、暴動の最中、庶民の怒りのアイコンとして祭り上げられていくくだり。

「ほら、ただのキチガイがヒーローに祭り上げられていくよ!怖いよね!これが世の中!怖いよね!」

あまりに性急すぎて「え?こんなに取り急ぎ?あ、はい。こわいですね。」と寒さ満点。ホアキンの芝居に頼りすぎなんですよ。彼の芝居の勢いが、この映画の荒っぽさや薄っぺらさをボカしているんです。

それに悪意や怒りの正当化を描く場合の素材として、そもそもジョーカーである必要があったのか?ジョーカーとは100%混じりっけ無しの悪人ではなかったのか?

ロブ・ゾンビの『ハロウィン』以降、悪人に確固たるバックボーンを持たせることが珍しくなくなったが、この映画が評価されるのであれば『フォーリング・ダウン』、『ローリング・サンダー』、『丑三つの村』、極端な事を言えばウーヴェ・ボルの『ザ・テロリスト』も再評価されるべきだと思う。少なくとも時代性を伴っているからだ。

“こっち”よりも”あっち”とか、逆張りしたいとかそういうことではない。今、ジョーカーというキャラクターを使って、普遍的な不幸を、狂気を、過去の時代を舞台に描く必要があったのか?と思う。
前述した「普遍的な不幸にさらされ、狂気に追い込まれている姿を見せ、観客を共感させ、主人公と同化させる」という目論みがあるのなら、せめて21世紀を舞台にしてくれたら、俺の評価は変わっていたかも知れない。

『ディープ・ブルー』とホラー映画のクリシェの話

ギッチョくんが死亡フラグの話の中で『ディープ・ブルー』の話題を出していたので、思ったことをつらつらと。

『ディープ・ブルー』におけるサミュエルの早死は、「誰が死ぬかわからない」という一般の死亡フラグとは別のホラー映画独特の死亡フラグに基づいたものだ。死亡フラグというよりは、ホラー映画の典型的なクリシェで、「ロンドンはいつも曇っている」とか「橋田壽賀子のドラマの長ゼリフ」レベルのもの。ちなみにサミュエルは、この件について「俺はギャラが高いからな!」と一般的な死亡フラグを示唆するコメントを出している。
また当初、サミュエルに与えられた役は、最終的にLLクールJが演じる事になるコックだった。もちろんこのコックは最初から死ぬ予定ではあったが、サミュエルのエージェントが「コックの役は嫌だ」と言い出したために、設定が会社社長に変更になったという経緯がある。そして、この変更は、良い方向に作用した。クリシェといえども、会社社長がリーダーシップを発揮した矢先に喰い殺されるのと、生意気なコック爺が説教中に喰い殺されるのとでは、観客に与えるショックは段違いである。
サミュエルの役柄変更後も、コックの役は脚本に残り、LLクールJが演じることになっても早死する予定だったのだが、映画を見ればわかるように変更になっている。この理由は実に単純で「LLクールJが面白かったから」である。この辺りはDVDのコメンタリやIMDBのトリビアが詳しい。
折角なのでもう一つネタを。
このサミュエルの件に反して、ヒロインの科学者スーザンは当初、死ぬ予定ではなかった。これが変更になったのは、スニークプレビュー後だ。何故、彼女は死ぬことになったのか?それは、観客の顰蹙を買ったからである。
『ディープ・ブルー』では、高度な知能を得てサメが災厄を引き起こすのだが、これはスーザンが国際条約に違反した実験を行った結果である。つまり、スーザンが妙な実験さえしなければ、一連の惨劇は発生しなかったわけだ。
スニークプレビューの観客は、そんな悪者が生き残るなど、よしとしなかったのである。

下着姿になったところで、悪事は赦されないのだ。

「全ての元凶である彼女は、死ななければならない。」

制作サイドは取り急ぎ追加撮影を行い、結果はご存知の通り。ただ食われるだけでなく、因果応報と言わんばかりに、体を真っ二つに食い割かれる残酷な死にっぷりで観客も大満足というわけだ。

知識マウントみたいになって、恐縮なのだけど、死亡フラグという意味では、『ディープブルー』は、経緯が少し特殊な映画なのです。今日言いたいことは、そのくらいです。

ちなみに、ホラー映画における死亡フラグは、ギッチョくんが紹介していた『ホット・ショット』から遅れること5年、『スクリーム』でようやくネタにされることになりますが、あれは70年代末期から80年代初頭にかけてのごく一部のスラッシャー映画のみに適用される法則です。本当のスラッシャーは法則もへったくれもなく、人は平等に無価値で皆殺しが基本なのだ。本当はそっちを書きたかったのだけど、またそのうち……。