『ディープ・ブルー』とホラー映画のクリシェの話

ギッチョくんが死亡フラグの話の中で『ディープ・ブルー』の話題を出していたので、思ったことをつらつらと。

『ディープ・ブルー』におけるサミュエルの早死は、「誰が死ぬかわからない」という一般の死亡フラグとは別のホラー映画独特の死亡フラグに基づいたものだ。死亡フラグというよりは、ホラー映画の典型的なクリシェで、「ロンドンはいつも曇っている」とか「橋田壽賀子のドラマの長ゼリフ」レベルのもの。ちなみにサミュエルは、この件について「俺はギャラが高いからな!」と一般的な死亡フラグを示唆するコメントを出している。
また当初、サミュエルに与えられた役は、最終的にLLクールJが演じる事になるコックだった。もちろんこのコックは最初から死ぬ予定ではあったが、サミュエルのエージェントが「コックの役は嫌だ」と言い出したために、設定が会社社長に変更になったという経緯がある。そして、この変更は、良い方向に作用した。クリシェといえども、会社社長がリーダーシップを発揮した矢先に喰い殺されるのと、生意気なコック爺が説教中に喰い殺されるのとでは、観客に与えるショックは段違いである。
サミュエルの役柄変更後も、コックの役は脚本に残り、LLクールJが演じることになっても早死する予定だったのだが、映画を見ればわかるように変更になっている。この理由は実に単純で「LLクールJが面白かったから」である。この辺りはDVDのコメンタリやIMDBのトリビアが詳しい。
折角なのでもう一つネタを。
このサミュエルの件に反して、ヒロインの科学者スーザンは当初、死ぬ予定ではなかった。これが変更になったのは、スニークプレビュー後だ。何故、彼女は死ぬことになったのか?それは、観客の顰蹙を買ったからである。
『ディープ・ブルー』では、高度な知能を得てサメが災厄を引き起こすのだが、これはスーザンが国際条約に違反した実験を行った結果である。つまり、スーザンが妙な実験さえしなければ、一連の惨劇は発生しなかったわけだ。
スニークプレビューの観客は、そんな悪者が生き残るなど、よしとしなかったのである。

下着姿になったところで、悪事は赦されないのだ。

「全ての元凶である彼女は、死ななければならない。」

制作サイドは取り急ぎ追加撮影を行い、結果はご存知の通り。ただ食われるだけでなく、因果応報と言わんばかりに、体を真っ二つに食い割かれる残酷な死にっぷりで観客も大満足というわけだ。

知識マウントみたいになって、恐縮なのだけど、死亡フラグという意味では、『ディープブルー』は、経緯が少し特殊な映画なのです。今日言いたいことは、そのくらいです。

ちなみに、ホラー映画における死亡フラグは、ギッチョくんが紹介していた『ホット・ショット』から遅れること5年、『スクリーム』でようやくネタにされることになりますが、あれは70年代末期から80年代初頭にかけてのごく一部のスラッシャー映画のみに適用される法則です。本当のスラッシャーは法則もへったくれもなく、人は平等に無価値で皆殺しが基本なのだ。本当はそっちを書きたかったのだけど、またそのうち……。

2014 5〜10th Week まとめ In Fear、Perfect House 他

インフル回復後、仕事がクソ忙しくて更新する暇がなかったですよ。それでもチマチマと作品を消化。

Almost Human

Cap00156

これは、Shox呪さんのエントリで「ほほう・・」と興味を引かれて見てみた。
アブダクションにあったオッサンが、ある日突然帰還。パキパキに逝った目をしながら、子種を巻こうと四苦八苦というパターンは、往年の迷作「XTRO」の系譜にある。しかし、こちらの方がよっぽどマトモな映画。でも「XTRO」より金かかってないんじゃないかなあ。

In Fear

Cap00158

見知らぬ土地でホテルを探しに迷い込んだ森から出られなくなる男と女の話。この男女が全然仲良くないってのがポイント。赤の他人なのですごーく互いにエゴイスティックで殺伐としている。そして「どーせ、実は死んでました!」という”いつものアレ”かと思いきや、胸糞悪い劇薬系映画だった。オチが確定したところで、”どうしても出られない森”の不条理感が吹き飛んでしまい、残るのは気分悪さだけ。秀作。

マチェーテ・キルズ

Cap00161

マチェーテ無双->マチェーテヤバい->ギャグタイム->お色気タイムを平坦に繰り返す前作の弱点がそのまま残ったマチェーテの続編。だが、妙な輩がツッコミを入れて悦に浸る隙間だった差別ネタがほぼ姿を消してことによりスッキリしている。メル・ギブソンのキチガイタイムが激アツ。

The Returned

Cap00162

ゾンビアウトブレイク以後、薬でゾンビ化を抑えることが可能になった世界のお話。血液感染しかしないのだが、扱い自体は完全にHIV。一日一回は薬を摂取しないとゾンビ化してしまうため感染者は報告を義務づけられるのだが、何故か薬が不足。薬が不足すると何が起こるかって、そりゃ盛大にゾンビワールドが炸裂する危険性・・。そんなわけで、感染者は隔離だ!いや、それよかぶっ殺せ!的な、みんな大好きディストピアワールドが繰り広げられるのであります。

Perfect House

Cap00155

「サマーキャンプ・インフェルノ」でお馴染み、フェリッサ・”アンジェラ”・ローズがチラっと出演しているだけしか取り柄の無いホラーオムニバス。ある売り出し中の家で行われた様々な惨劇を4つのオムニバス形式として綴る。さほど面白いのだが、地下室に監禁した男が”まぶた”を切り取られてヒーヒーいうのだけは印象に残った。

今週の見た映画とか(2014 4th Week) Thanatomorphose、+1 他

Thanatomorphose

Cap00282

自堕落な生活をおくっている眼鏡っ娘の体が腐るというだけの映画。 制作者が「女が腐っていくだけの映画っておもしろいんじゃね?」という安直な思いつきで撮った作品なので勢いだけはある。グイグイ腐る。ただただ腐る。「スリーデイズ・ボディ」といい「Pretty Dead」といい、腐る女が最近は流行ってんのか・・。

Cap00284Cap00283

左:スリーデイズ・ボディ 右:Pretty Dead

+1

Cap00272

ある晩、学生が集う乱痴気パーティ会場に隕石が落下。隕石は”パーティ会場にいる学生たち”の”数分前のコピー”を作り出す。失恋した男と振った女のドッペルゲンガーが繰り広げる2重螺旋。っと2013年最終週に「これ、見てえなあ」と書いていた作品。主人公は冒頭で彼女にフラれていしまうのだが、この現象を利用してなんとかよりを戻そうとするわけ。しかし、”彼女のドッペルゲンガー”の方が聞き分けが良いという展開。一方で”自分のドッペルゲンガーと語り出す女”やら”泥酔してるからただ2人で寝てるだけのドッペルゲンガー”やら100人単位で分身が出現。何がないやらサッパリ分からないまま、気がつくと彼らがお互いを殺し合いになる破壊的なクライマックスへと流れ込む。

Cap00271Cap00277

10代の時に見ていたら、もっと夢一杯なストーリーに感じたと思うんだけど、俺はもうダメだ。アホな若者を愛でる心の余裕が無い・・。惜しいなあ。

Niaiw ot Vile / Dalglish

ベルリンのエクスペリメンタル・レーベルPANからリリースされたDALGLISHの新譜。 荒涼としたアンビエントドローンの上を、白やピンクのノイズがガチガチと。リズムらしきモノは全く存在しないが、淡々と聞き込んでいくと美しい輪郭が浮かぶ。

Concrete Misery / Sevendeaths

音楽以外のアート作品も扱うグラスゴーのLuckmeからリリースされた作品 上のDalglishとは正反対に同じドローン系でも眩しい音使い。矩形波系の音色が心地よい。