チルドレン・オブ・ザ・コロナ

 2日くらい前に『チルドレン・オブ・ザ・コーン』の話をしましたが、知らぬ間にリメイク(もういい加減にしてくれよ)がクランクアップしていたとのこと。このご時世、リモート映画製作などが取り沙汰されていますが、この2121年公開予定の『チルドレン・オブ・ザ・コーン』が撮った方法は”隔離撮影”。

 オーストラリアの”とある町”に出演者、スタッフ全員隔離、専門医もスタンバイさせて撮影に挑んだとのこと。そりゃ、内容としても”トウモロコシ畑”で撮影するしか無いわけですから、やるなら徹底的にと。「隔離!?冗談じゃねぇよ!」と降板する役者もいたとか。1000万ドルの予算は、2割増しの1200万ドルに膨れあがったそうな。IMDBの写真を見ると、全員マスクさらにソーシャルディスタンス写真を見ることができる。

 それにして、チルドレン・オブ・ザ・コーンって続編以降1000万ドル超えの予算なんか組んで貰ったことないのに、幸運なリメイクだなあ。監督は『リベリオン』の……と言えば聞こえが良いが、『ウルトラヴァイオレット』のカート・ウィマー。うーん。嫌な予感がする。

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です