アヒルに気を取られてラインを超える

 今日は何となく有休を取り、美術館をハシゴ。いやあ、いいモノをみました。中でもお気に入りは新国立美術館「古典×現代2020―時空を超える日本のアート」で見た、川口倫子さんのアヒルの写真。うっかり「おお、可愛い!」とグイっと寄ってしまい観賞ラインをオーバー、監視員におこられましたね。画像検索したんですけど、出てこず残念。あと太田記念美術館の小原古邨「つがいの鶏」ですね。太田記念美術館の浮世絵はホンワカしていて、どれもよかったんですけど、この「つがいの鶏」、雌鶏の笑顔がなんとも言えませんでしたねえ。いやあ、よかった。
 ただ、しりあがり寿の北斎を馬鹿にした作品には虫唾が走りましたね。当人は「北斎と遊べる」と企画を喜んで受けたらしいですけど、あれは「北斎で遊んでる」だけですね。汚い絵でした。それだけが残念。

 

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です