はかまいり と すいぞくかん

 盆なので墓参りに行く。墓参りはいつもカンカン照りの中と決まっていたのだが、今日は、ちょっと薄ぼんやりとした日照り。暑いけど。お寺はコロナ対策で線香もセルフサービスとなっていた。

「今年は、少し曇ってるねえ」

 義父が眠るお墓に水をかけながら言い、手を合わせる。

せっかく川崎まで来たのだからと、新しくできた水族館「カワスイ」を訪ねる。なかなか地味な水族館で、のっけから”多摩川の魚たち”と超絶地味な魚が展示してある。

 「せめて、もう少し賑やかな魚はいないのか?」

 そこに登場したのは、アロワナである。なんか違う名前のアロワナ。さらにアロワナ。ずっとアロワナ。やたらアロワナ推し。それはそれで悪くないが『冷たい熱帯魚』を思いだし、ちょっと眉間にしわを寄せる。続くはカエル、カエル、カエルとカエルが連発。カモとカエルが好きな俺には非常に嬉しい。あとは突然カピバラとナマケモノ。展示が非常にマニアックというか奇妙な水族館であった。もちろん土産は買えるのぬいぐるみである。

ピラニアの水槽にガイコツというセンス。ナイス川崎!
ピラニアの水槽にガイコツというセンス。ナイス川崎!
「ケツから入り込んで、内蔵を食い荒らす」恐ろしさで知られる
カンディルさんが写真に収められない勢いで泳いでおりました

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です