さっさと連載を書きあげるの巻 雑記(2019/10/14~2019/10/20)

 続くかどうかわからないけど、週一回くらいは雑記のようなものを書いていきたいと思う。

 毎月中旬から月末にかけては、映画秘宝の連載原稿を書くという習慣になっているのでーーーおかげさまで2年目に突入ですーーーネタになる映画を漁り、テーマを黙々と考え、アウトプットに努めた一週間だった。今月はアタリの映画に早々と巡り合えたこともあり、今月号が出る前に原稿を仕上げて送付。すると担当の田野辺さんから、とあるアイディアと共に「時間もまだあるので、ブラッシュアップしましょう」とリライト依頼。「なるほど」と頂いたアイディアを元に英語サイトを物色。即リライトして送付すると
「いいオチがついて、ひっくり返りました!」
と好感触。文章を書くのはやはり楽しい。ちょっとした薀蓄はもちろん、句読点一つでガラっと印象が変わってしまう。というわけで連載はクリア。しかし別の原稿も仕上げなくてはならないのであった。

 それはそうと原稿の締切というのは、多くの場合「余裕を持った日」が明示されるため、厳守の必要はない。じゃあ何故、僕は原稿をいつも早めに上げるのか?それは僕がペーペーであること、そしてせめて締切前にはなんとか仕上げて、信頼できるライターであることをウリにしているからだ。それに兼業であるため、過度な締切に追われギリじゃないといかんともしがたいという状態にはならないということもある。
 先日、とあるライターさんと某イベントの打ち合わせをしていた時に彼が「原稿が書けなくてね、大変な時があるんですよ。そういう時はね、鏡をみて”書くの?書かないの?死ぬの?”自分に問いかかけて”書きます!”と奮い立たせるんですよ!嘘に聞こえるかもしれないけど、本当なんです!」と言っていた。
 僕は彼の文章が好きで、毎度彼の原稿を読むことを楽しみにしているとともに「たくさん書けていいなあ」と嫉妬のような感情を抱いていたんだけど、やっぱり本業にしてしまうと大変だなぁと思ったのでした。

 イベントといえば「サンゲリア40周年記念イベント」に顔を出しました。ずうずうしくも”俺のサンゲリアの思い出”を壇上で語ることもできて、(異論はいろいろありましょうが)楽しかったです。

 あ、それから、ある友人と縁を切りました。彼の不義理っぷりに腹が立っていたし、僕は性格が悪いので、映画秘宝の連載のテーマを最初「友情」にしようと考え、前説や本文を書いていたのですが、自分で「なんだかキモい」と思い、別のテーマに変えました。しかし、名残りがあるので、来月、そのあたりを気にして読んでいただけると、ちょっとニヤニヤできると思います。