狂った夢をみた

 昔好きだった女の子が大人になって出てくる夢をみた。しかし、その女性、2人の女性が合成された存在なのだ。顔を見ると、どちらでもあり、どちらでもない。どちらであるかは見た目でわからない。しかし、彼女が昔好きだった2人の女性であることは感覚として認知できる。

昔の写真を見ながら

「懐かしいね」

などと話す。写真はどちらか一方の顔であり、合成された存在の顔ではない。想い出に合わせて写真の顔が入れ替わる。

 昔話は尽きることはなく、夜も更けて、車で家まで送ってもらえることに。やたらと車高の低い車。助手席から流れる街並みを眺める。何故か皆がこちらを見ている。

「なんで、皆、こっちを見るんだろう?」

疑問に思いつつ家に到着すると、フロントスカートに猫が挟まり、引きずったまま走っていたことが分かる。ズタボロになり息絶えている猫を前に

「ああ、皆、これをみていたんだなねぇ」

結構な惨状なのだが、2人とも落ち着いて話す。

「また明日も話そうよ」と彼女は言い。俺は「そうだねぇ」と彼女を見る。やはり、その顔はどちらでもあって、どちらでもない。

目覚ましが鳴る。 

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です