俺にしかできない事、やってます。

 『日本沈没2020』のディスり芸以降、先週の自分の振る舞いは、”反省すべき”と言う踏ん切りが漸くついた。しかしながら、湧き出る怒り感情というもの押さえようとも思わなかったので「おー、俺、やっちまったなあ!」と。それでも延々と増え続けるフォロワーさんに「楽しんでもらえたのかねぇ」と思慮を巡らせている。

 ここ数年、そこそこ名が売れて、ブロックバスター作品までとは言えないものの、人気作品のレビューも書かせてもらえるようになった。参考に見るそれらの作品のレビューも素晴らしい物からゴミクズまでピンキリで、映画が産み出すパワーに感嘆するばかり。

 僕は映画は好きだが、人気作品があまり好きじゃない。というのは、人気映画は、その本質を見られない傾向にあるからだ。ただのシニカルなジョーク、やむを得ない設定に対し”ジェンダー論”だの”差別問題”だのを持出して矮小化、作品を台無にされてしまう。それが見てられないのだ。あえて狙っている作品で、そういった議論を持ち出されるのは当然とは言えども、ホラー映画にまで”本気”で持ち出されると

「おいおい、ちょっと待ってくれ。これ、ただの”ホラー映画”だぞ!」

と。(ジョーダン・ピールですら、ネタでやってますからね、あの人。)

 そもそもホラー映画が好きで、ひたすらホラー映画の話しか書いてこなかったが、最近、たまたまホラー映画……しかも、これまで誰にも見向きもされてこなかった厭なホラー……に注目が集まり、それらがこれまでの人気作と同じ扱いを受ける違和感。それが、今回の怒りの感情の元であったと思う。

 じゃあ、俺は何を書いてきたのだろう?と。これまで書いてきたことを顧みると、単純にホラー映画のやっていることを、自分なりに”面白く”書いているだけだった。それで「あ、俺、何の他人の事を気にしてんだろ?」て思いましたね。昨日の話ですけど。バカだったなあって。

 別に良いじゃんて、誰がジェンダーを語ろうが、差別を語ろうが。きっとその人達は、その人達にしかできない事をやっているんだろうから。

 俺、自分で読んで面白いと思える事を書いて、それが評価されてたんじゃんて。すっかり忘れてたわ。いつも新しい表現を探して、発見しては「イヤッホー!!」と狂喜乱舞してただけじゃねぇかと。いやー、間違ってましたね。完全に。だから人気作品のレビューでも、同じ姿勢を貫けば良いじゃん!て思いましたよ。それで書き上がった文章が良ければ、評価はされる。今までがそうだったように。だからね、こう……何人に見られたとか、ランキングで何位とかね、ホント下らないなって。危うく取りこまれるところだった。あぶねぇ、あぶねぇ。

 あ、それからですね。『日本沈没2020』のレビュー書いちゃったので、責任持ってあらゆる面で最後まで面倒は見ますけど、”ディスり芸”というネタですからね。あらゆる反応に対しては、ネタなりの対応として返していますからね。その辺はちゃんと貫きますから。そもそもね、ネタとは言え100%咎めた文章で評価されても、俺、嬉しくないですよ。呪怨とかさー、アングストで褒められたいですよ。

 あと映画boardさんの担当さんに聞いたんです。「これ、狙ったとは言え、アホみたいにPV伸びちゃってますけど、大丈夫なんですか?」と。そしたら

 「特に問題無いです。あらゆる意見が合って当然です。」

 という返答でした。結構ちゃんとしてるんですね、相変わらずデッカイ広告が邪魔ですけど。というわけで、とにかくです。まあ、これまで通り、これからも好きなもんを好きなように書きます。当てこすりも忖度も無し。それが俺です。よろしくお願いします。

「俺にしかできない事、やってます。」への1件のフィードバック

  1. まっどまっくすこーじ

    ナマニクさんらしさはナマニクさんしか決められないことなのですからこれからもナマニクさんそのものでいっちゃって下さい!!

    うーむ…よく分からない応援ですみません…😅

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です