我々は 井の頭恩賜公園でマガモとカルガモのハーフを見た!

 今日は机から離れて、 井の頭恩賜公園にカモを見に。吉祥寺駅のスーパーでお弁当を買って、奥さんと共に「カモカモ〜♪」と公園に向かう。晴天のせいか、やたら人が多い。

 「これではお弁当食べる場所を確保できないなあ」

 と思いきや目的であるカモ満載の水生物園は空いていた。有料ゾーンの特典だ。アヒルのもりもりと餃子の中身っぽい野菜を食うさまを眺めながら、アジフライ弁当を食べる。その後は、カモ、カモ、カモだ。もはや何ガモかは覚えてないが、展示されたカモ、井の頭池で自由に暮らすカモ、とにかくカモを観察しまくった。オシドリとか他の水鳥も見ましたけど。

 「あれはマガモとカルガモのハーフですねぇ」

 隣の男性がボソリと言う。

 「え?カモって混ざるんですか?」

 「ええ、混ざりますよ!ほらあれ見てください。クチバシが黄色いでしょ?あれはハーフですよ。きっと。特にカルガモとマガモは遺伝子的にほとんど同じだそうで、混ざりやすいんだそうですよ〜」

 混ざるのか。そうなのか。

 「今日はいいもの見れましたね!」

 と笑顔の男性。カモの奥深さよ……。

ついでに山本有三記念館にもいきました。路傍じゃな石に「路傍の石」と書いてあり「ぐぬぬ」となりましたよ

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です