憂鬱 雑記(03/09〜03/15)

 今まで雑記のタイトルに漢字一文字を使ってきましたが、なんかポエミーな感じがしてキメェなと思ったので、今週から二文字、日曜締めで行きたいと思います。

家に居ようと思ったら……。

 今週はずっと在宅勤務をキメて、通勤という名のドブ捨て時間を回避できると思ったら、バカで雑な課長が突如、「出社しろ」とか言いやがったので、予定が狂いまくり。で、出社したら、当人が現場にいない。雑なヤツだよね。でもバカで雑だから仕方ないなと思いながらも、課長に「お前の言ってることをがよくわかんねぇんだよ」的なメールしたら、電話をかけてきて、ロクに指針も出さずに「なんでお前は俺に噛みついてんだ。緊急事態!緊急事態なんぞ!」と騒いでいる。よくよく聞いてみれば全くもって不要不急な仕事だったので「あんた、課長のくせに、いつも雑な指示しか出さないバカなヤツだな!」と意見をして差し上げたのですよ。そしたら、バカで雑なオッサンのクセして「じゃあ貴方なにができるの?」となどと言ってきやがったので「雑でバカなお前にそのような口を利かれる筋合いはない、無能が。」と返したのですが……まあ、これ以上、何の面白みもないので止めておきます。当てこすりで俺に勝てると思ってんのか、身の程を知れよと。とにかく精神状態は悪化しましたね。間違いなく。

ビャンビャン麺食べました

 そんな訳で、週末は奥さんとゆっくりすることにしましたよ。まず、ホワイトデーね。ケーキを買っただけなんですけども、喜んでくれてですね。うれしかったのです。彼女はガトーフレーズが好きなのは分かってたんですけど、今回はガトージョコラに。たまには良いかなと思って。ガツンとくるチョコは、脳味噌に染みますねえ。で、次はCOVID-19の影響で中華街が空いていると聞いたので、ビャンビャン麺を食べに中華街に。中華街でビャンビャン麺を食べられるお店は一軒しかなく、そのお店の麺料理は全てビャンビャン麺に変更ができるという面白いシステムをとっている。
 奥さんは牛肉水餃子ラーメンの麺をビャンビャン麺に替えたのもを、俺はスタンダードな辛口ビャンビャン麺を。水餃子+ビャンビャン麺ってどっちも皮っぽいので、失敗なんじゃね?思ったのだけど当人は美味そうに食べていたのでヨシ。俺の方辛口ビャンビャン麺は思ったよりも辛くなく、ラー油の油具合が最高でしたね。油好きなので。その後は中目黒まで足を伸ばし、旧朝倉家住宅で苔を見たり、郷・さくら美術館で桜の絵画をみたりとゆったりとした休日を過ごしましよ

『新・バーニング 鬼火伝説』のUS版とインターナショナル版

「the prey 1980」の画像検索結果

 漸く観て気がついたんですけど、US版のほうがデキがいいんですねぇ。どっちも面白くは無いんですけどね!!!詳しくは近々。

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です