最後の飯は立派な物がいいに決まってる

本日のカモちゃんです。
本日のカモちゃんです。

 今日は休日なので、のんびり起きてからランニングしても良かろうと思っていたのだが、夢見が悪く予定より早起きしてしまった。時流に乗り今日は昼からオンライン飲み会の予定を入れていたので、もう少しのんびりしたかったのに!

 その悪い夢というのが去年あったとある嫌なことを思い出させるものでして、まあ、なんといいいますか、その件について、俺、まだ腹立ててるんだろうなあと思いました。他人が関わっているので詳細を書くのは避けますが、そうだなあ……それほどの事をされたんだと再認識。まあ、生きていれば嫌なことなんて良くあることだから、そのうちスッキリするんだろうねぇと考えてます。

 気を取り直して、馴染みの友人とオンライン飲み。冷凍ハンバーグやら野菜やらをモグモグしながらだらだらと会話を楽しむ。午後4時に切断し「どうぶつの森」でもやるかと、Switchの電源を入れるも、アルコールと昼寝癖により猛烈な眠気に襲われ寝落ち。1時間も寝ただろうか?何故か腹が減って起きる。「今日は、お昼にお酒飲むから晩ご飯はいらないや」と奥さんに言っていたので、夕飯はない。そこで冷蔵庫から冷や飯を取り出してレンジであたため、納豆とキムチをオカズにモグモグしていたら、奥さんが

「この前、とある亡くなられた方の最後の飯ツイートが業務スーパーのパッタイペースを使った適当な料理だった。あなたには、最後の飯くらいちゃんとしたにしてほしい。たとえばカモのオランデーヌソース添えとか」

 といいつつ、ゆで玉子と海苔を食卓に置いた。妻としては旦那にまともな物を食わせてから看取ったとしたいのだろうか。たぶん、明日死ぬ事は無いので、最後の飯がキムチと納豆という事は無い……と思う。

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です