ナムコットコレクションをやっている

 アーケードアーカイブスってあるでしょ。ゲーセンのゲームを移植したヤツ。あれも好きなんですけど、俺はアーケードゲームのファミコン移植版の方が好きなんですよ。ゲーセンが近くに無かったし、1ゲームに100円ってのも、小学生には結構厳しい。(その点、押切蓮介は彼の漫画を見るに金持ちの家の子なんだなあと。)その点、ファミコンならイニシャルコストは掛かるけど、初期のロムカセットの価格なら50プレイもすれば元は取れるわけで、それならと小遣い貯めて延々とパックマンをやってたほうが得だろと、ゲーセンには行かずに、ファミコンばかりやってたんですよ。

 そんなわけで、繰り返しになるけどファミコン……とりわけナムコのファミコンソフトは大好きです。ファミコン本体と一緒に買ったのはドルアーガの塔だったし。最近、物書きが多くて、長いゲームで遊べないから、シンプルなゲームをちょっと遊ぶ程度が丁度いいこともあり、大変ゲームライフも充実しております。

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です