欠乏

 「カモちゃん、いないなあ」

 朝のランニングは、もはやカモを見るためにやっていると言っても過言ではない。走り始めがキツくても、6キロ地点と8キロ地点に滞在しているカモちゃんのことを考えれば、なんともないのだ。それなのに今日はカモちゃんがいない。寂しい。昨日は確かにランニングをサボって、カキ氷を食べてましたよ?でも、1日くらいサボってもいいじゃない。出てきておくれよ、カモちゃん。

 そんなことを野鳥に言っても仕方がないので、渋々、汗をかきかき帰る。先週よりは随分涼しくなったように思えるが、まだまだ暑い。しかし、土手に鬱蒼と生えていた雑草は刈り取られ、青臭い香りが漂う。秋の気配が次第に漂ってきている。明日はカモちゃんに会えるだろうか?冬になればマガモもやってきて、また賑やかになる。楽しみだ。

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です