近代木版画

 「あらぁ、思ったより色がしっかりしているねぇ」

 神奈川県立歴史博物館に近代木版画を見に行ってきた。明治以降に刷られた版画なので、そりゃ色がクッキリハッキリしているのは当たり前なのだけれど、海外市場を意識した”売り物”なので、それまでの所謂、浮世絵に見られる泥臭さは無くなっている。時折、派手すぎでもあり、滑稽すぎでもあり、日本的すぎる。技巧もかなりのもので、川瀬巴水の木版画はとても良かった。あの重ね方はちょっとどうかしている。

 調べてみれば、川瀬巴水の師匠の鏑木清方の師匠の水野年方のそのまた師匠は、月岡芳年だったりするから面白いなあと。

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です